コンテンツ
  • HOME »
  • コンテンツ »
  • 活動紹介

活動紹介

南中山幼稚園で石塚左玄の玄米おにぎりを作って食べました。岡本公民館でも教室開催。

1月21日(火)に越前市にあります南中山幼稚園さんを訪ねました。例によって「食育の祖 石塚左玄の食の訓え」の実践活動です。
今回は会員の川崎さん、吉江さん、斎藤さんがそれぞれに工夫をして幼稚園の先生になりました。今回は玄米ご飯で園児たちにおにぎりを作ってもらいました。三角おにぎりを上手に作る園児や丸いおにぎり、四角いおにぎりと子供たちの自由なおにぎりがいくつもできましたが、園児たちは始めて食べる玄米おにぎりに大喜びでした。
特に斎藤さんは特性エプロンをつくって食べたおにぎりが口から胃に入り、腸に移動して、うんちになるまでを面白く説明をして、おなかの中で移動するおにぎりを分かりやすい話をして、園児からおお受けでした。川崎さんが作ったきなこクッキーも大人気でした。

NPO法人フードヘルス石塚左玄塾として園児や児童の子供たちに石塚左玄を少し知ってもらって食に関心のある行動をとって貰うべく、出前教室を重点的に始めました。

岩佐 勢市さんの写真岩佐 勢市さんの写真
岩佐 勢市さんの写真岩佐 勢市さんの写真
岩佐 勢市さんの写真岩佐 勢市さんの写真
1月27日は岡本公民館で石塚左玄の親子クッキング教室を開催しました。20名ばかりの親子と石塚左玄の食の訓えを勉強して、実際の料理にもチャレンジをしました。地元の川崎さんと吉江さんと私3人が担当をしました。勿論主食は左玄の訓えの「玄米」です。初めて口にする受講生もおりましたが、『こんなに美味しいのは何か混ぜてあるの?』と異口同音の質問です。「圧力がまのおかげです」と川崎さんが応えていましたが、ちびっこも『もちもちして、甘くておいしい』と大感激をしていました。何でも丸ごと=一物全体食の石塚左玄の訓えです。
ちびっこもお母さんと一緒に包丁を持ったり、葛を使ってのリンゴのババロアを一生懸命に作り、ちびっこの合掌の掛け声で13時を過ぎた遅い昼食を楽しく食べ、ちびっこの食への関心促進と親への石塚左玄の啓発になった1日でした。
1月25日 岡本地区の皆さん 家庭で左玄を時々思い出して下さい。
岩佐 勢市さんの写真岩佐 勢市さんの写真岩佐 勢市さんの写真岩佐 勢市さんの写真岩佐 勢市さんの写真岩佐 勢市さんの写真岩佐 勢市さんの写真岩佐 勢市さんの写真岩佐 勢市さんの写真

阪谷小学校児童が石塚左玄を丸ごと   児童が左玄を学び給食で左玄を食べる。

石塚左玄ゆかりの地、大野市阪谷地区。
22日(水)こちらの阪谷小学校で、食育活動を行いました。

はじめに岩佐理事長から、左玄の教えを子供たちにもわかりやすく、笑いも交えながらお話いただき、
その後、教えに基づいた特別献立を、子供達と一緒に各教室でいただきました。

◇あわ入り玄米ご飯
◇のっぺい汁
◇れんこんボール
◇打豆入り干し大根煮(ごんざ)

玄米ご飯は、子供たちが学校田で自ら育てたお米です。
普段は玄米を食べない子どもたちですが、
「甘~い、おいしい~」と言いながら完食でした。

また、給食で使われる野菜も、近くの「家庭菜園の味グループ」の方が作り、届けてくれたもの。
地産地消、作った方の顔が見える野菜・・・

岩佐理事長から子供たちへのお話にあった
「体は食べ物が作ってくれる、だから大切なもの」
の言葉通り、この想いのこめられたお米や野菜が、子供たちの体も心も豊かにしてくれると思います。

写真

 

稲刈り作業体験

今年の夏は暑い日が続きましたが、そうした中で有機栽培で育てたもち米の刈り取りと太陽の日差しで自然乾燥をするためのはさ掛けを
9月21日(土)をエコビレッジ交流センターで行いました。

稲刈り作業体験 1

稲刈り作業体験 1

稲刈り作業体験 2

稲刈り作業体験 2

日本食育学術会議第8回大会

2013.6.15(土)
越前市生涯学習センターにて、日本食育学術会議第8回大会が行われました。
越前市は食と農の条例が制定されており、コウノトリが舞う里づくりとしてこのような大会が開かれるにはふさわしい取り組みをされています。

記念講演としまして、福井県栄養士会会長の清水瑠美子氏による「石塚左玄の食育と健康教育」を拝聴してきました。

30年前に比べ、3世代で暮らす家庭は3世帯に1世帯から6世帯に1世帯と減少、野菜を多く食べる高齢世代からメタボ予備軍の多い父母との供食への変化による影響など、
時代とともに変化する食・生活・地域に対応できる食育を今後の展望として話されていました。
そのために、環境整備と、子~お年寄りまでの食育に力を入れることを強く訴えていました。

智育・体育・才育はすべて食育にありと左玄が唱えたように、
家庭で食育をすることが基本だと改めて考えさせられた内容でした。

20130615-0020130615-05

20130615-0420130615-03

20130615-0220130615-01

「石塚左玄に学ぶ、料理実習」

福井ライフアカデミー連携講座のエコカレッジ福井のカリキュラムとして「石塚左玄に学ぶ、料理実習」をAOSSAにて行いました。

総勢42名様にお集まりいただき、岩佐理事長から簡単に左玄の教えや食の現状などを講義いただいた後、pic20130602-01
「一物全体」や旬を意識した食事を作ってみよう!ということで調理に取り組んでいただきました。…

メニュー
◆小豆入り玄米ご飯
◆即席味噌汁(ふのり、わかめ、絹さや)
◆一寸空豆入りコロッケ 梅ソース
◆玉ねぎと高野豆腐の炒め煮
◆二色白玉だんご

年齢層高めのクラスでしたが、男性も積極的に取り組まれ、若い方も混ざって班毎に協力して作られていました。
いろんな質問や意見をいただき、皆さんの意識の高さが伺え、こちらも勉強になりました。

美味しくいただけたようで、「お家でも作ってみます」という方もおられました。
左玄の教えがまた少し広まって嬉しいですね♪

2013年6月定例会報告

三国のおとましやで6月の定例会が開催されました。

農業の6次産業化研究所としてこの施設を建てられた、村瀬代表による県産小麦「ふくこむぎ」についてお話いただき、
その熱意に安全・安心な小麦が今後食べられることに期待が膨らみます!

昨年10月20日にみなさんで植えた小麦も、こんなに大きく育っていました(*^^*)pic20130601-01
残念ながらまだ少し収穫には早かったので刈りとり体験はできませんでしたが、
雨や雪に強く、梅雨前に収穫できる「ふくこむぎ」がたくましいです!

麦の収穫ができなかったかわりに、近くの小麦畑を見学しました。
この時期いたるところで見られる大麦の畑とは違い、ほんとの小麦色を目で見て実感!
たまたま混ざっていた大麦と比べて見ると一目瞭然ですね(゚o゚;

そのふくこむぎを使って…
ふすま入りのうどんをこねて手作りし、
ふすま入りパンで

pic20130601-02

◆2種のデリ(人参のラペ&青菜とひじきの豆腐マヨネーズ和え)を豆ディップで
◆鯖サンド
の2種類のサンドを各々が仕上げ、美味しくいただきました♪

みなさんが一生懸命こねて踏んで作ったおうどんは、こしもありモチモチしてどこか香ばしいお味でした(*^^*)

 

田植え作業体験

会員には農業の経験が全くない方も多数おられます。
今年は越前市坂口のエコビレッジ交流センターのご支援も頂いて有機栽培による餅米の田植え作業を行い、秋には石塚左玄の訓えの玄米食ならぬ玄米餅つくる事にしました。

田植え作業体験 1

田植え作業体験 1

田植え作業体験 2

田植え作業体験 2

2013年度の総会を開催しました

2013年5月18日に越前市エコビレッジ交流センターにて2013年度の総会を開催しました。
正食協会岡田昭子校長先生もお見えになりました。

総会後に集合写真撮影

総会の模様

Page 2 / 212
Copyright © NPO法人 フードヘルス石塚左玄塾 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.